【FPS】銃のカスタマイズが可能な基本無料FPS「Line of Sight」をプレイしてみた

  • 2018.02.13
  • FPS
【FPS】銃のカスタマイズが可能な基本無料FPS「Line of Sight」をプレイしてみた

Steamからプレイできる基本無料FPS「Line of Sight」をプレイしてみました。

Advertisement

どんなゲームか

要求スペック

このゲームの推奨スペックは以下の通り。
要求されるPCスペックは低めです。

OS Windows 7 64bit
CPU Dual Core 2.6 from Intel or AMD 2.6GHz
GPU NVIDIA 460GTX / AMD Radeon HD6859

※Steamより抜粋

基本はよくある無料FPSと同じ

HSが強い」、「マップが狭い」等、よくある基本無料FPSと同じような作りになっています。

また、海外産無料FPSによくある「ゲーム内マネーが溜まり辛い」仕様も完備しています。

グラフィックは綺麗

マップ全体のグラフィックは、基本無料にしては綺麗。

キャラのグラフィックは・・・

日本語対応

「正しい」日本語にローカライズされており、プレイしやすいです。

武器のカスタマイズ

武器はアタッチメントでカスタマイズすることができます。

やたらと細かくカスタマイズできますが、武器種は少ない模様。

射撃場

武器のカスタマイズを射撃場で試すことができます。

装備してみて射撃場、良ければそのまま購入といった具合に活用します。

SRに関してはリコイルがなく、覗いているときの揺れもないので、AIM練習のツールとして活用できそうです。
(ただしQSは出来ない。)

キャラクターアビリティ・カスタマイズ

サイオニック/ESP/コンバットセンス」と呼ばれる、アビリティが存在します。
サイオニックは「範囲攻撃等の大型の技」、ESPは「移動補助やバフ・デバフに関するもの」となっています。

コンバットセンス」では、ポイントを使用したステータス振りができます。

オプション周り

グラフィック設定


グラフィックの設定は最低限行えるようになっています。
(グラフィック品質「最低・低い・中間・最高」から選択する形。)

操作設定

ADSはトグル・長押しの切り替えが可能。
個人的には嬉しい仕様。

細かいところで気になった点

武器の反動

特に横ブレが激しく、リコイルコントロールが難しい。
アタッチメントで調整してもあまり変わりません。

プレイ人口の少なさ

どのサーバーでも基本的に人があまり居ません。

カスタマイズが楽しめる珍しいFPS

基本無料FPSで武器のカスタマイズが出来るものは多くありません。

もう少し人が居て賑わっていれば、普段からプレイするゲームにしても良いと思えるくらいの出来でした。

公式サイトはこちら
Steamページはこちら

FPSカテゴリの最新記事