【グラスマ】ゼロから始めるグラスマ「モンストと比較・グラスマ独自要素の紹介・リセマラ」

【グラスマ】ゼロから始めるグラスマ「モンストと比較・グラスマ独自要素の紹介・リセマラ」

2017年10月にAndroid/ios向けにリリースされた「グラフィティスマッシュ」を紹介します。

Advertisement

モンストと比較する

「グラフィティスマッシュ(以下グラスマ)」を紹介するには、「モンスト」と比較するのが手っ取り早いです。
それくらい、基本的な内容が酷似しています。

登場ギミック・名称の対応表

モンストとグラスマに登場する基本的なギミックをまとめました。

「モンスト」に慣れ親しんだユーザーであれば、「グラスマ」の基本仕様は早く呑み込めると思います。

ギミック内容 モンスト グラスマ
速度低下 重力バリア ヘヴィ
触れるとダメージ ダメージウォール スパイク
触れると別のワープへ ワープ ワープ
触れるとダメージ 地雷 ボム
味方で触れると攻撃 友情コンボ リンクコンボ
一定ターン経過で発動できるスキル ストライクショット ハンタースキル

「グラスマ」における各ギミックの仕様

ヘヴィ

青く塗られた場所は「ヘヴィ」と呼ばれ、「レジヘヴィ」を持たないハンターが通ると減速し、塗り替えることができない。
レジヘヴィ」を持つハンターであれば減速せず、塗り替えることが可能。

スパイク

「スパイク」が張られた壁は触れるとダメージを受ける。
レジスパイク」を持つハンターであれば「スパイク」に触れてもダメージを受けず、触れたスパイクを破壊できる。

ボム

ボムに触れる・一定ターンが経過すると爆発し、爆発範囲の塗りが消される。
レジボム」を持ったハンターがボムに触れればダメージを無効にし、爆発範囲を塗ることができる。

青いボム
ボムに触れる・一定ターンが経過すると爆発し、爆発範囲を「ヘヴィ」化する。
その他の仕様は通常の「ボム」を同じ。

ワープ

「ワープ」を踏むとランダムな別のワープから出てくる。
レジワープ」を持ったハンターなら「ワープ」は無効になる。

グラスマ独自の要素・ギミック

ここで「グラスマ」独自の要素・ギミックを紹介します。

床塗り

弾いた軌跡が塗られていき、攻撃力に倍率がかかります。

敵の攻撃によって塗った部分が消されるという仕掛けもあり、中々面白い要素です。

グラ魂

床を塗ると「グラフィティ」が現れ、全て塗りきるとグラフィティが活性化

活性化した「グラフィティ」をタップし弾くと、「グラフィティ」スキルが発動出来ます。
戦闘中1度しか発動できないため、発動タイミングが重要になりそうです。

武器(ウェポンアーツ)


キャラクターに武器を装備することで「ウェポンアーツ」が発動します。
「ウェポンアーツ」は自分の攻撃時、武器固有の攻撃が発動するものです。

「グラスマ」においてこの「武器(ウェポンアーツ)」はかなり重要な位置づけとなっています。

潜在解放

キャラクター(ハンター)の成長はレベリングだけに留まらず、「潜在解放」することでより強化可能です。

「グラスマ」にも「ラック」というシステムが存在し、「モンスト」と異なりガシャ限キャラのラックは「潜在解放」を通じて上げることができます。

リセマラ

ざっと「グラスマ」の紹介をしたところで、ここからは「リセマラ」についての内容になります。

モンストタイプのゲームはステージへのギミック対応が重要。
リセマラは極めて重要な作業になります。

回線状況によりますが、リセマラ1回あたり約10分程かかります。

キャラの「かぶり」

「グラスマ」はフレンド枠・マルチプレイ以外では同じキャラを複数編成することができず、被ったキャラは特定のアイテムに引き換えられます。
この仕様上、目的のキャラは1体出ればとりあえずOKということになります。

「サマーガシャ」が開催中


2018/7/24まで「サマーガシャ」が開催されています。
グラスマのガチャイベントはまだよくわかっていませんが、この機を逃せば最悪来年まで入手不可になりそうです。

そこで、本来性能を最優先すべきところ、今回性能は完全無視してイベントキャラ(3種類)でリセマラすることにしました。

「水着ソフィア」で始まり、最終的に3種すべてが揃う形になりました。

ゲーム序盤で引けるガシャの回数は、プレゼントから獲得できる分で「22連」です。
その後ステージクリア報酬や挑戦課題の報酬などを含めると、早い段階で追加の「11連」が引けるようになります。

星4の排出率が低いため、この「33連」までをリセマラと考えても良いかもしれません。

ひたすらノーマルダンジョン・育成

リセマラを終えたらいよいよ本格的にプレイ開始。
メインアカウントとは別にサブ機でもリセマラをしていたため、マルチプレイでの育成用に並行して育成していく方針です。

まずは「ノーマルダンジョン(ストーリー)」から進めていくのが良さそうです。
合間でイベント「戦闘訓練」でハンター育成を進めていきます。

グラフィティスマッシュカテゴリの最新記事