【黒い砂漠】ドリガン実装 「新アクセの考察(廃墟の瞳・ガクツム服従・オルキンラド)」

【黒い砂漠】ドリガン実装 「新アクセの考察(廃墟の瞳・ガクツム服従・オルキンラド)」

2018/7/25に新規エリア「ドリガン」が実装されました。
この記事では狩場の所感と新規アクセサリーについてまとめています。

Advertisement

狩場

今回追加された狩場は「シェレカンの墓」「レッドウルフの村」「トシュラ廃墟」の3つ。

実装されたばかりでまだ人が多いため少しだけ当たってみた体感と、ドロップする新規アクセサリーをまとめていきます。

ドリガン狩場全般

新しく実装された狩場は新アクセサリーがドロップします。

また、ドラゴンスレイヤー覚醒武器の制作に必要な「黒いオーラの残骸」が他の地域よりドロップしやすくなっているとのこと。

これまでになかったアイテムが色々ドロップするため、どの狩場もしばらく混雑が予想されます。

トシュラ廃墟

適正攻撃力:140
・新ドロップアクセサリー:廃墟の瞳リング

狩場全体の雰囲気やmob配置は「ヘッセ聖域」に似ています。
敵はそれほど強くなく、レベル57からのレベリングに向きます。

適正攻撃力140の狩場といえば「三日月神殿」が存在しています。

ドロップする「廃墟の瞳リング」のこともあり、低難度の狩場の割には上位層に好まれそうな狩場です。
このあたり「三日月神殿」に似たものを感じます。

廃墟の瞳リング

 

「廃墟の瞳リング」は「三日月守護者のリング」と同じ攻撃力ですが、HPが上昇します。

HPの分だけ「三日月守護者のリング」の上位互換に当たります。

レッドウルフの村

適正攻撃力:190
・新ドロップアクセサリー:ガクツムの服従リング

適正攻撃力190の狩場は、バレンシアの「ケンタウロス・バジリスク」が存在しています。

体感はこの両狩場とあまり変わらず、「ケンタウロス・バジリスク」が狩れるなら問題なく狩れるでしょう。

mobが密集しており、集団同士も近いためレベリング向きな狩場です。
レベリングに使用するならレベル58~59以上からが良いと思います。

ガクツムの服従リング

 

「ガクツムの服従リング」は真Ⅴで攻撃力15、「影の証」と同じです。
異なるのは「対mob追加攻撃力」があることで、対mob性能で見れば他のリングの上位に当たります。
(対mob攻撃力1=通常の攻撃力1とした場合)

取引所での流通量だけで見ると、現在はそれほど重要視されていないアクセサリーのようです。

シェレカンの墓

適正攻撃力:210(昼)、240(夜)
・新ドロップアクセサリー:オルキンラドのベルト

上位層向けの狩場ということで実装されていますが、「昼」ではそれほど難易度は高くないように感じました。

適正攻撃力240はカーマスリビアの「フォレストロナロス」と同じ設定です。
シェレカンのmobレベルが不明なため定かではありませんが、他の高難度狩場よりは広い層で狩れる狩場のように思えます。

オルキンラドのベルト

 

「オルキンラドのベルト」は真Ⅴで「A17/D5/HP+125」という性能で、ADで見ればトップの性能です。
攻撃性能だけ見ればバジリスク(A20)・ツングラド(A21)に劣ります。

冒険名声値によるボーナスの関係上、できるだけADを稼ぎたい層に向くアクセサリーです。

黒い砂漠カテゴリの最新記事