【黒い砂漠】リマスターアップデート「アバターグラフィックの進化」

【黒い砂漠】リマスターアップデート「アバターグラフィックの進化」

2018/8/22にサウンド・グラフィックを一新する「リマスターアップデート」が来ました。

取り急ぎリマスターアップデートの所感についてまとめていきます。

Advertisement

サウンド面は割愛

黒い砂漠に申し訳ない気がしますが、BGMは黒い砂漠プレイ開始以来「オフ」なので、サウンド面に関する内容は扱いません。

グラフィック設定「リマスターモード」

早速「リマスターモード」を試しました。
結論から言えば、前の設定(VeryHigh)に戻せなくなる程には良い仕上がりになっていました。

次に記載している問題以外は概ね満足しています。

全体的な白飛び

前の「VeryHigh」設定に目が慣れているせいか、全体的に明るすぎて痛い

以前より光の演算が厳密になっているのか、日が差す昼のロケーションでは全体的に白飛びしたような感じになってしまいます。

個人的にはもう少し光の主張を抑えてくれた方が、ゲームとしては良いのかなと思っています。

ゲーム側からガンマ(明るさ)とコントラストを調整、グラフィック効果を以前と同じVibranceに設定するなど、少しの間プレイしながら調整していく形になります。

ウルトラモード

最高画質である「ウルトラモード」、私の環境では重すぎてゲームになりませんでした。

このモードでFPS60に張り付かせるには、相当ハイエンドな環境が必要になりそうです。

現状戦闘以外のシーン(SSやウォークスルー)での活用が良いと思われます。

リマスターの真価は「パール商店でのアバター閲覧」

実際のゲーム画面よりパール商店でアバターを試着したときに見た目の進化を実感
光の強さも程よく、ゲーム画面全体もこの程度であってほしいところです。

ラル・アシヘン




おなじみ「ラル・アシヘン」は光沢表現がリッチになっており、以前にも増した豪華感を味わえます。

ヴァローレン




リマスターアップデートと同時に実装された「ヴァローレン衣装」は、今回のリマスターに最適化されたように思えるほど綺麗な作りになっています。

今後は「リマスターモード」でプレイ

今後「リマスターモード」でプレイしていくことにします。

グラフィックの設定面で気になる箇所は多少あるので、自分の環境にあった設定に出来るまで試行錯誤します。

黒い砂漠カテゴリの最新記事