【モンスト】玉楼2を終えて「難関クエストを振り返る」

【モンスト】玉楼2を終えて「難関クエストを振り返る」

開催中の玉楼2を2アカウント分終了させました。
難関クエストを振り返ります。

Advertisement

改めて思う玉楼の難しさ

玉楼1ではあらかたのクエストが難易度崩壊しており突破は容易。

玉楼2はクエスト難易度が全体的に高く、適正かぶりも多く攻略し辛い。

常にどこで何を使うかの選択を迫られ、玉楼ならではの難しさを再度味わうこととなりました。

難関クエストラインナップ

玉楼2の全クエスト中、難しく突破が困難としているクエストを挙げていきます。

爆絶

【エルドラド】
玉楼2の爆絶は「高校生シリーズ」で、アルカディア、蓬莱、マグメル、エルドラド、カナンが対象。

運極も作成しており、エルドラド以外は運極済。

その「エルドラド」ですが、最適性「紫式部・ムソルグスキー」が手元にないため大苦戦。

式部無しでのクリアを1度は目指したものの「無理」、スタミナ・時間共にもったいないためソロのフレンド枠で持っていきました。

【攻略パーティー】

  • 長曾我部・アカシャ・長曾我部・式部
  • 高杉・長曾我部・ツクヨミ・式部

超絶-4周目-

【韋駄天】

超絶4周目は適正がほとんど揃っており、スムーズに終わる・・・予定だったのですが「韋駄天」で苦戦しました。

韋駄天の適正は打神鞭・ベートーヴェンを所持。
2アカウント分をマルチで行うには打神鞭不足なので、キャラレンタルを利用し1アカウントずつソロで攻略。

【攻略パーティー】

  • 沖田・打神鞭・弁当・打神鞭
  • 沖田・打神鞭・オベロン・打神鞭

※「閻魔天」
よく超絶4周目の難所といわれる「閻魔天」に関してはぷよカッチンの処理のみ考え、後は「神化ミロク」のワンマンアーミーで比較的安定して攻略できています。

超絶-咎-

【ブルータス】
咎シリーズでは圧倒的に「ブルータス」が難しい。

獣神卑弥呼の登場で楽にはなったものの、依然クエスト難易度はやたらと高い。

理想は卑弥呼2体+貫通ですが、卑弥呼未所持のためフレ枠のみの使用で攻略しました。

【攻略パーティー】
アレキサンド・ルシファー・アザゼル・卑弥呼

超絶-廻-

【イザナミ廻】
入った瞬間にやる気がなくなる「ブロック・撃種変更パネル・加速床・相互蘇生・ボス回復」が組み合わさったクエスト。

モンストの悪い所を詰め合わせたようなクエストだと思っています。

もし今でも「イザナミ」を使用する環境ならば厳選周回で慣れていたのかもしれませんが、イザナミはここ数ヶ月以上使用していません。
玉楼2でしかやらないクエストのため、何時までたっても慣れないクエストです。

負ける要因のほとんどは雑魚よる即死攻撃
タネコロのHPが地味に高く処理しずらいことが難易度を引き上げています。

【摩利支天廻】
私が思う、超絶クエストの最難関

ここは現在「ザビエル」の有無で大分難易度が変わるクエストですが、あったとしても難しい。

対中ボス・ボスでは「地雷所持+弱点狙い」を強いられ、弾くルートが限られる。
挙句「イレバン」が発生しやすく、雑魚処理が思い通りにいかないことも多い。

さらにクエスト自体が長く(ボス4ゲージ)、ボス2・3あたりで負けるとやる気メーターはゼロに。

時間をかけようやくボス4までたどりついても、雑魚処理に失敗しあっけなく即死も大分寒い

【攻略パーティー】

  • 獣神ハーレー・獣神シンデレラ・獣神ノンノ・(フレンド)神化ザビエル
  • 獣神ハーレー・ジューダス・神化TFA・(フレンド)神化ザビエル

次の開催時は玉楼1の予定

玉楼2は今回が初挑戦。

今回玉楼2を攻略したのは急遽必要になったステッキ狙いでした。

英雄の書は割と配られるようになったので、必ずしも証目的で玉楼2に挑戦することは無いように思えます。
(いずれは特段レアなアイテムではなくなっていそう)

玉楼2を毎回クリアするのは所持キャラ的にしんどいので、次回以降はまた玉楼1で攻略する予定です。
(摩利支天廻をやりたくないだけとは言えない・・・)

モンスターストライクカテゴリの最新記事