【黒い砂漠】オルビアchでDK・MTレベル57~58の育成

黒い砂漠

復帰後まず着手したことはDK・MTの育成。
まずはレベル58を目指します。

レベル58

数字的に中途半端に見えるレベル58ですが、私的には一つの区切りとしてみています。

オルビアで経験値アップがかかるのがレベル58の間までであり、「バレンシア・カーマスリビア・ドリガンのメインクエスト」を進めることができるようになります。

また覚醒スキルのレベルも高くなってくる頃で、狩場の範囲が広がります。

もし黒い砂漠を始めたてであれば、レベル58を目途にレベリングをすると良いと思います。

DK:パデュス駐屯地

DKは回復が弱く、砂漠方面でのデバフを無視して狩り続けることが難しい。
そのため、レベル56になりたてのキャラや操作練習でよく使う「パデュス」でレベル58に到達させました。

個人的にDKは扱い辛く、よくMP枯渇を起こしてしまっていました。

ファーストキャラであるというモチベーションでレベリングをしましたが、レベル59以降のレベリングは未定です。

MT:砂漠ナーガ

MTはDKと違い回復が強く、砂漠デバフを無視して狩りができるため「砂漠ナーガ」で現在レベリング中。
砂漠ナーガはレベリングの定番で、200%バフが無くとも「マルニの石」を活用することでかなりの経験値効率となります。

またMTはCTが全体的に短めで、FP回復も楽であることから使いやすい。

ほとんど何も考えずにレベリングできているので、ボス武器の強化が進めればレベル59以降のレベリングを考えています。

ボス武器作成

レベリングついでにDK・MTのボス武器作成についてまとめておきます。
復帰から2週間は期限制の配布装備で十分ですが、期限切れ後を考えて何か装備を用意する必要があります。

ボス武器は真Ⅲまでで自力強化という方針はこれまで通り。

未強化品の入手は私がプレイしていた頃より楽になっているので、問題は耐久戻しとブラックストーン(防具)の枯渇でしょうか。

DK

  • 真Ⅲ クザカ太刀
    入手済み
  • 真Ⅲ クツム組み糸
    +7の状態から真Ⅲまで強化済

クツム組み糸の強化過程はいつもなら記事としてまとめるところですが、強化過程が悲惨な結果になってしまったので(特に+14、15)、記事化はしません。

ボス装備強化でネックなのが召喚書類が値上がりしてきているということ。

耐久戻しがいつにもまして大変な作業となっています。

MT

  • 真Ⅲ クザカ手甲
    現在真Ⅰ、ログインボーナスのヴォルクスの助言を真Ⅲスタックにした後強化再開
  • 真Ⅲ クツム腕甲
    未強化未入手の状態、クザカ手甲が終わり次第着手

クザカ手甲は問題ないとしても+0から強化するであろうクツム腕甲が不安。
次回アップデートで強化成功確率が明示されるとのことなので、そのタイミングで強化を進めたいと思っています。