【Division2】アプデ後の新環境で戦い抜く「ストレインド&バーサク SMGビルド」

Division 2

アプデ後のビルド構成に長いこと悩んでおり、ようやく1つ、SMGを軸にしたビルドを構築しました。
装備画面のSSを交えていきたかったところですが、1枚のSSに綺麗にまとまらないため、文字ベースでまとめていきます。
※4/18:色々追記・修正

SMGビルドの概要

今回まとめるSMGビルドは「ストレインド・バーサク」を火力のメインにし、サポートとして「クラッチ・セーフガード」を採用したものです。

ハザード系は全く対処していません。ダメージを受けることがこの上なくうれしいこのビルドでは、敵からの投げ物、状態異常は相当危険な状態でない限り食らっても良い認識です。

PvE向けに構築しましたが、クリティカルを意識している分対人で使ってもそれなりに戦えています。PvE、PvP問わず1on1対面の打ち合いがかなり強いため、とにかく前に出て戦いたい方にはおすすめのビルドです。

構成とスペック

紹介するビルドの構成を表でまとめました。スペックに関しては上昇させている値だけ載せています。

武器

使用する武器とメインのタレントは以下の通り。武器はタレント枠が3つありますが、必須で欲しいもの以外は適当です。

スペシャリゼーション
【デモリショニスト】
武器名 必須タレント
1つ目 Vector SBR 9mm ストレインド
2つ目 ライフル系 レンジャー
Vector SBR 9mm ストレインド
サイド ソードオフショットガン グリースド
投げ物 フラググレネード

「フラググレネード」はその低いダメージを利用して自傷用に使うことがたまにあります。そのためデモリショニストにあるスキル「ブレイスフォーインパクト」は自傷に邪魔になるため未取得にしています。

2つめの武器はPvEであればライフル等の遠距離対策、DZやコンフリクトであれば2つめの「Vector SBR 9mm」を使用しています。

タレント

現時点で使用している装備のブランドとタレントは以下の通り。プレイの進行具合によって、構成は変わらずともブランドは変わる可能性があります。

セット効果を意識しているものは赤太字、変更の可能性が高いものは青太字にしています。括弧付きは現在付いておらず、将来的に欲しいタレントです。

部位 ブランド タレント1 タレント2
マスク ソコロフ社 ハードヒット
アーマー オーバーロード・アーマメント バーサク (ハードヒット)
ホルスター ダグラス&ハーディング フィルアップ
バックパック ワイバーンウェア セーフガード ハードヒット
グローブ ムラカミインダストリーズ クラッチ
ニーパッド ダグラス&ハーディング ハードヒット

ステータス

このビルドで上昇させているステータスと値は以下の通り。

ステータス
クリティカル率 60%
クリティカルダメージ 43%
対エリートダメージ 65%
SMGダメージボーナス 25%

武器

まずはこのSMGビルドで使う武器を紹介します。

1つ目の武器「Vector SBR 9mm」

アプデ後あらゆる武器を試し、落ち着いたのは「Vector SBR 9mm」でした。アプデ前はARメインでしたがAR拡張マガジンの実質的なナーフにより、かなりプレイし辛くなったと感じたため、SMGに切り替えました。

「Vector SBR 9mm」はSMGビルドを組もうとおもったきっかけの武器でもあります。

2つ目の武器「中~遠距離対策」or同武器

2つ目の武器は何でも良いのですが、遠距離の敵に触れる武器が良いと思います。敵の配置によっては前に出づらいこともあるため、遠距離対策はしておきたいところです。記事執筆時点ではレンジャー付きのライフルを使用しています。

同じ武器を2つ持つ選択も良く、最近では「Vector SBR 9mm」2つ持ちをよくやっています。

サイドアーム「なんでも良い」

サイドアームが欲しいと思う場面はほとんどないので、サイドアームは何を持たせても良いです。私は「サイドアーム=ソードオフ」という固定観念があるため「グリースド付のソードオフ」を使用しています。

【グリースド】
武器をしまっている間、武器交換の速度が10%向上する

武器切り替え速度は元が遅いのであまりこのタレントの効果を体感しませんが、無いよりマシ程度で使っています。

装備

続いて装備の紹介です。このビルドで採用したタレントをまとめていきます。

ブランドセット

ブランドセット効果はあまり意識しておらず、欲しいタレント・特性が付いていることを優先して装備しています。

強いて言えばソコロフの1部位効果(SMGダメージ+10%)が欲しいところではありますが、特性次第で不要になる場合もあるため必須とまでは行きません。

タレント構成

このSMGビルドでメインとなるタレントは以下の通りです。

  • ストレインド
  • バーサク
  • クラッチ
  • セーフガード
  • ハードヒット
  • フィルアップ(旧詰めてやれ)

各タレントの役割とシナジー解説

各タレントの役割とシナジーをざっと解説します。

火力の軸は「ストレインド+バーサク」

【ストレインド】
+10%のクリティカルダメージをアーマー消費5%毎に得る
※必要条件:オフェンス特性5以下

【バーサク】
最大アーマーの10%が消耗するごとに、武器ダメージ+10%
※必要条件:AR or SMG or SGを装備

SMGで火力を出すために軸としたのは武器タレント「ストレインド」と「バーサク」の2つ。
前者はSMGそのものと相性が良く、後者はアプデ前から火力の代表でアプデ後も変わりありません。

ストレインド」で厄介なのはオフェンス特性5以下という縛りです。クリティカル率を維持しながらこれを達成するには武器ダメージやクリダメを捨てるしかありません。単に捨てるといっても特性を削除できわけではないため、これを組み込みさらに理想のタレント詰め込むには装備のドロップ運に大分依存してしまいます。

ただオフェンス特性を捨てる反面ディフェンス特性を乗せやすいため、アーマー・ヘルスは盛りやすいのは良い点と言えるかもしれません。

必須サポートタレント「クラッチ」

【クラッチ】
クリティカルヒットがHPを15%回復し、アーマーを2%回復する
※必要条件:AR or SMG or LMGを使用

SMGを使うならとりあえず使っておきたい「クラッチ」。
メインの効果はHP回復で、「ストレインド」「バーサク」と相性が良いです。

まだまだやれる「セーフガード」

【セーフガード】
ターゲットを倒すと、修理と回復効果に150%のボーナスを20秒間得る
※必要条件:オフェンス特性5以下

内部CTが追加されるというナーフが入ったものの、アプデ前が強すぎただけで現在も有用なタレントです。

このビルドで「セーフガード」を採用しているのは「クラッチ」のアーマー回復量を増やすためです。「クラッチ」のアーマー回復量がさすがに少なすぎるため、「セーフガード」で回復量を補っています。

バーサク」と回復は相性が悪そうに見えますが「回復しないと死んでしまう」ため、バーサク状態で戦える時間を長くする目的で「セーフガード」を採用しました。

アプデ前によく「セーフガード」とセットで使われていた「ペイシェンス」はこのビルドでは採用していません。「ペイシェンス」はカバーに入ると問答無用で回復してしまい、かなり立ち回り辛いため外しました。ディフェンス特性数の縛りもきつく、「ストレインド」と合わせるとビルドの幅がかなり狭まるというのもありました。

隙間に「ハードヒット」

【ハードヒット】
対エリートダメージ+15%

空いた枠には「ハードヒット」を詰められるだけ詰めます。アプデ前はエリダメ特化(全合計+130%以上)でプレイしており、その快適さから「ハードヒット」はかなり重要だと思っています。

とにかく空いた枠には「ハードヒット」を詰め込み、エリート対策を施します。

立ち回り強化の「フィルアップ」

【フィルアップ】
空の状態からリロードすると全ての武器がリロードされる

ホルスターのタレントは自由枠でなんでも良い枠ですが、私は「フィルアップ」推しです。フィルアップを推す理由は2つ目の武器にリロード時間が長い武器を持つことがよくあるためです。

長いリロードは敵に触れない無駄な時間なので、リロードをしないで済むのはいろいろな意味で快適です。

このビルドに関して言えば「Vector SBR 9mm」を2つ持ちすることがよくあるので、「1つめを撃ち終えたら切り替え⇒2つ目を撃ち終えたらリロード」とやっていると、持ち替え時間で丁度良いダメージを受けられ効率的に敵を処理できます。
ひっこめた1つ目の武器が自動リロードされることにより、カバーせず戦闘を持続できるのもこのビルドの面白さの1つです。

ステータス面の目標値

見ているステータスは主に2つ。ステータスには自分なりの線引きをしていました。目標値はこれまでプレイしてきた中でこれくらいあればいいかなと思っている値です。

  • クリティカル率:50~60%(現在:SMG装備時50.5%
  • 対エリートダメージ:60~100%(現在:65%

2つしか上げないなら他のステータスをもっと上げられそうに思えますが、特性数の縛りで限界があります。そのため、上げるステータスを「上昇させて効果を体感できるものに絞った」形になっています。
エリダメは意識せずとも60%以上は盛れるので、それ以上にするかを手持ちと相談して決めています。

このビルドの注意点

このビルドを運用するにあたっての注意事項をまとめます。

前に出過ぎない

マルチプレイ時において、いくら近距離が得意で耐久が高いとは言え、イキって前に出過ぎると普通に死にます。
Division2の敵は総じて攻撃力が高いため、どうしても敵とはある程度距離を置く必要があります。

前に出たい場合は目の前の敵を1人ずつ丁寧に片づけていき、囲まれないよう立ち回ることが大切です。

遠距離対策を忘れない

特にPvEに関することですが、遠距離対策は重要です。遠距離対策をする1番の理由は「タレットに乗っている敵をどかすこと」です。

高難易度でタレットを使われると非常に厄介で、食らって良いダメージ量をあっという間に超えてしまいます。タレットの敵は倒さずとも何発か当てればどいてくれるので、そのためだけに遠距離武器を持って行っています。